ライフスタイル

映画ジョーカーJOKERを観た。

どーも、ねすごしたぬきです。私はアマゾンプライムビデオでアニメや映画を見るのが好きです。

自分が見た作品を紹介したいと思います!

今回は、「ジョーカー」を観ました。

Amazonプレミアムビデオって得?

Amazonプライムって?特典やメリット

*時期によっては見放題では見れない作品もあるかもしれません。

ジョーカー

売れないコメディアンのアーサー・フレックが暴漢に遭遇したのは、ゴッサムシティの街を道化姿でさまよっていたときだった。社会から見捨てられたフレックは徐々に狂気への坂を転落してゆき、やがてジョーカーという名のカリスマ的な犯罪者へと変貌を遂げる。トッド・フィリップス監督が放つ、衝撃のサスペンス・エンターテイメント!

感想

ジョーカーとは、「バットマン」に出てくる悪役のことです。そのバットマンとの宿敵ともいえるジョーカーの生い立ち、どのように悪の道にいったのか?

などを映画にした作品です。

ざっくりネタバレしない程度にあらすじを話すと。。

後のジョーカーである主人公アーサーは心優しい人物でした。

そんな彼は母親と二人暮らしで決して裕福ではない暮らしをしていました。

彼の夢はコメディアン!ピエロの派遣の仕事をしながら人々を笑わせるのを夢見て小さな劇場などでネタを披露していました。

しかし彼には緊張すると笑ってしまう病気でそのせいでネタではないとこで笑われたり、勘違いされたりで可哀そうな目にもたくさんあいます。

それでも彼は頑張るのですが、、

ある時、職場の同僚から護身用にと拳銃を渡されます。

しかしその拳銃のせいで、ピエロの仕事を解雇され、同僚から裏切られ、笑いの発作のせいで男三人からリンチされ思わず拳銃を発砲してしまいます。

そこから彼は心優しいアーサーからジョーカーになったように私は思いました。

そこから自分の出生の秘密、母親との関係、後のバットマン?とのやりとり、彼の病気を笑いものにしたものへの復讐などいろんなことがあります。

ほんとに最後までワクワクしました。

そしてラストシーン!

ネタばれ注意!!!!

おそらく、精神鑑定でカウンセリングを受けているジョーカーは「いいジョークを思いついた。君には理解できないだろうけど」と言ってその後、ジョーカーは部屋から逃走し、真っ赤な血の足跡を残しながら、軽快な足取りで去っていく。

というものですが、いろんな憶測や考察がされいるようです。

例えば、

「いいジョークを思いついた。君には理解できないだろうけど」と文字通り全てジョーカーのジョークだったのではないか。

カウンセリングを受けているのは偽物ではないか。

などです。

個人的には全てジョーカーのジョークだったというのがジョーカーらしくて好きです。

みなさんはどう考察されます?

 

 

-ライフスタイル

© 2021 ねすごしブログ Powered by AFFINGER5