ライフスタイル

シャーロック 第9話 緊迫!高級レストランで密室殺人フルコース開幕

FODプレミアム
シャーロック過去のブログ→1話 2話 3話 4話 5話 6話  7話 8話

今回のあらすじ→公式

謎の宿敵、守谷壬三に繋がっていた安蘭世津子(長谷川京子)に目の前で死なれた誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の衝撃は小さくないようだ。そんな獅子雄を、若宮潤一(岩田剛典)、江藤礼二(佐々木蔵之介)は木暮クミコ(山田真歩)の誕生日をダシに外へ連れ出そうと計画。若宮は獅子雄に断られるが、絶対に来いと先に出た。若宮、江藤、クミコが集ったのは、とある有名リストランテ。獅子雄がなかなか来ないことにいら立つ若宮をよそに、ソムリエの加藤茂(田邊和也)に案内されて獅子雄がさっそうと登場、江藤は1番安いコースを促すが、獅子雄はアラカルトを頼みだす。ところが店の看板料理が用意できないと言う。
その時、加藤が個室の客、高津みずえ(遊井亮子)に呼ばれる。個室には料理評論家、大石万作(升毅)がいた。取材で来ているのに看板料理がないことに不満を漏らすみずえは、シェフの古賀智志(大友康平)は不在なのかと問うが、加藤は店の体制はいつもと同じだと答えた。大石も料理の味に文句をつけだすと、その声に、客の不破凛子(島かおり)、達彦(綾田俊樹)は不快な表情。別の客、中原聖子(峯村リエ)も、大石に声を落として欲しいと注意した。ギスギスした店内で、若宮は盛り上がって来たと獅子雄をうかがう。なぜ店の料理の味が変わったのか?なぜ名物料理が出せないのか?すると、獅子雄は今日、店がオープンする前に異常事態が起こったと指摘して…。

今回の話は殺人が店内で起きて獅子雄が死体に気づくがコース料理が終わるまでそのまま犯人も泳がせて少しずつ情報収集をしていく。。店内には獅子雄達4人を除いて、個室に料理評論家の大石、取材をしてた高津とカメラマン。テーブル席には不破凛子、達彦の老夫婦、カウンターには中原という女性客。計6人

店側はソムリエの加藤、料理長の古賀、シェフ2人。の4人

死体を見つける獅子雄

テーブル席に座っていた老夫婦が大切なイヤリングがなくなったと会話をしていたそれを聞いた獅子雄は。。

獅子雄「私が捜しましょう。こう見えて捜し物の達人なんです。」

凛子「前菜を頂いた後ここで 娘と孫に電話をかけたんです。」

獅子雄「寒いのに なぜ 外で?」

凛子「だって お店の方に迷惑でしょ?」

獅子雄「素晴らしい お考えだ。ちなみに 何時だったか覚えてますか?」

凛子「えっ?」

獅子雄「携帯 見れば 分かりますよ。」

凛子「あっ そうね。えーっと…。18時19分です。」

獅子雄「1時間くらい前か。もし そのときに落としているならこの辺にあるはずなんだが。」

凛子「ホントに ご親切に どうも。今日はね 結婚記念日で。このイヤリング 銀婚式のときに店で 主人がプレゼントしてくれたものなの。」

獅子雄「常連さんなんですね?」

凛子「ええ まあ。主人はね 会社を経営していて昔は シェフの古賀さんに社内の忘年会に出張していただいたこともあるの。」

獅子雄「有名シェフの出張。きっと おっきな会社なんですね?」

凛子「いえ 大したことなくて。小さな工務店。」

獅子雄「なさそうですね。この場所以外には どこにも行かれてないんですよね?」

凛子「はい。」

獅子雄「失礼ですがトイレに行かれましたよね?テーブルの上に奥さまの分だけ お絞りがあった。」

凛子「あっ 忘れてた!お店に入って すぐトイレに行きました。」

店内のトイレ付近を探す二人だがどうも凛子は奥の部屋をきにしている様子。

凛子「あっ! あの もう大丈夫。どうぞ あのお食事なさってください。」

獅子雄「あっ ありました。」

凛子「あら。こんなところに。ありがとう。」

凛子が席に戻ると、獅子雄は奥の部屋にそこには男性の死体が。。。

消えた死体

獅子雄「味が変わった原因は 殺人事件だ。」

若宮「まさか。」クミコ「もう。」

獅子雄「遺体を発見した。」

江藤「いいかげんなこと言うな 獅子雄。」

獅子雄「最後まで よく聞け。死んでいたのは 男性。おそらく 30代だ。場所は トイレ奥の掃除道具入れの中。まだ 体温があった。死後2時間以内だ。待て。 まだ どのテーブルもコースの途中だ。
食事の邪魔をする無粋はするな。」

クミコ「でも…。」

江藤が確認しに行くことに

江藤「いないじゃん。」

偶然トイレから一人でカウンター席にいた女性の会話が聞こえてきた
聖子「新井は消しました。ちょっと待ってください。店のスタッフには バレてません。必ず 他を見つけますから。はい 失礼いたします。」

若宮「何か分かったか?おい 早く言えって。」

江藤「遺体が消えてたぞ。」

獅子雄「そうきたか。」

若宮「「そうきたか」って何だよ?」

江藤「ドアを開けたらモップとバケツがあるだけだった。」

獅子雄「誰かが移動させたな。」

若宮「何のために? ってか ホントに死体なんてあったのかよ?」

江藤「ただ 殺人は本当にあったかもしれん。被害者の名前はおそらく 新井だ。そして 犯人は あの女だ。」

情報収集

西岡「パスタを担当した 西岡ですが。」

若宮「あ~ あなたが。」

西岡「あの 何か不手際でも?」

若宮「いや すごく おいしかったです。うずらのカチャトーラが食べられなくて今日は 少し 残念でしたがこのパスタで満足できます。」

西岡「本当ですか?あ… パスタは引き立て役なので うれしいです。」

江藤「こちらの厨房は 何人で?」

西岡「えーっと シェフ セコンド 私パティシエ ソムリエの5人です。」

獅子雄「少数精鋭で素晴らしい。ところで その眼鏡 どうしたの?」

西岡「これは ちょっとあの… 壁にぶつけて。」

獅子雄「今日のオープン直後。メインも デザートも楽しみだな。」

・・・

佐伯「パティシエの 佐伯です。」

江藤「甘党だから デザートが何より楽しみなんだよ。先に おすすめ聞いていい?」

佐伯「こちらがデザートメニューでございます。」

クミコ「何か すすめたいものないの?」

獅子雄「それどころじゃなかったよな。ジャガイモの皮 むかされて。さっき ピーラー持ってただろ?パティシエなのにおかしいなと思ったんだ。」

佐伯「今日は 一人休みなんで。」

若宮「新井さん?」

佐伯「副料理長と お知り合いですか?」

若宮「ええ。 副料理長。まあ 古い仲じゃないんですけどね。」

獅子雄「ありがとう。 考えとくよ。デザートは何よりも大事だからな。」

クミコ「やっぱり気になる。私は 現場保全のために所轄を手配します。係長は ここから スタッフ 客を出さないように お願いします。」

江藤「俺に指図するな。了解。」

獅子雄「おい グレ。 くれぐれもコースが終わるまでは穏便にな。」

加藤「お客さま どうかされましたか?」

獅子雄「ああ 申し訳ない。彼女 気分屋でね あなたが嘘をついていることを知って帰ったよ。」

加藤「嘘?」

獅子雄「さっき あの個室の先生に言ってただろ?《いつもの体制でご提供しております》でも パティシエの方によると副料理長の新井さんは休んでいるそうじゃないですか。正直に打ち明けてほしかったな。」

・・・

古賀「本日は ありがとうございます。シェフの古賀です。セコンドピアットの鶏のディアボラでございます。副料理長の新井の件ですがご報告が遅れて申し訳ありません。彼は この店を退社いたしました。」

江藤「辞めた?」

古賀「はい。」

若宮「それは いつですか?」

古賀「昨日いっぱいで。失礼ながら当店の料理長は 私でございます。スタッフの入れ替わりはございますが責任を持って お客さまに満足いただけるようつとめております。」

獅子雄「このタリアータも とても いい味だ。ただ 少し塩気が強過ぎる。使っている塩はモンゴル産ですか?」

古賀「さすがでございますね。」

獅子雄「ちなみに 銘柄は?」

古賀「ジャ… ジャムツダウス…。ジャムツダウスです。」

獅子雄「ジャムツダウス?ジャムツダウスは 他の岩塩に比べて塩分が濃く感じられる。うま味はあるがその分 量の加減が とても難しい。全ては シェフの味覚しだい。」

若宮「あの…両手を見せていただけませんか?いや あの…名店のシェフの手に刻まれた歴史を見たいと思いまして。」

古賀「はい。」

獅子雄「シェフらしい 厚みのある手だ。ありがとう。」

。。。

江藤「いや 確かに変だよな。殺されたのは 副料理長。シェフはいるんだから味は落とさず 作れるはずだよな。」

獅子雄「いいところに 目を付けたな。おそらく 味こそがこの殺人事件の原因だ。」

真相

獅子雄「この店で殺人事件が発生しました。これから事件の真相を解明します。ここにいる 皆さん全員が容疑者です。コースの締めくくりにどうぞ お付き合いください。

江藤「殺されたのはこの店の副料理長 新井さんです。」

獅子雄「遺体は トイレ奥の掃除用具入れの中にあります。」

江藤「死後2時間程度。すなわち この店がオープンしたころです。」

獅子雄「では まず皆さんに質問させてください。今日の料理について率直に どう思われましたか?では あなたから。」

記者「わ… 私は先生を お連れしたので。」

料理評論家「私は 率直なところ感心できなかったね。うずらのカチャトーラは出せない。前菜は 味が ぼやけてる。これが Elenaの味かと思ったぐらいだ。」

カメラマン「僕は 写真撮ってただけなんで。」

若宮「そちらは?」

聖子「私は 頂いてないので差し控えさせてください。」

若宮「うん。 そちらは どうですか?」

達彦「うまかったです。以前と変わらず 安心しました。」

凛子「そうよね。私も とても おいしかったです。メインは 最高でした。」

若宮「では 皆さんは順番に お願いします。」

佐伯「正直 もう この店終わりだなって。それだけ。 っていうかもう 早く帰りたいんですけど。」

西岡「僕は とにかく大変でした。新井さんがいなかったので。」

加藤「私は 今日のディナーはElenaらしいいいディナーだったと思います。」

古賀「私は すいません…。この店の責任者ですので自分では 評価ができません。ただ 全力で お作りしました。」

獅子雄「ありがとうございます。犯人が分かりました。少なくとも あなたではない。」

料理評論家「当たり前だ!」

獅子雄「どうぞ お帰りください。あなたのような人間にはこの店のデザートを味わう権利も犯人が誰かを知る権利もない。」

料理評論家「何だと!?」

獅子雄「君 彼を連れてこの店を出てくれ。それから 君。帰りたいようだから 帰っていい。この店を終わりだと思っているような パティシエにサーブされるデザートはおいしくないからな。ここに残された皆さんは今日の料理を否定しなかった方々です。だが 今日のメニューは普段とは違っていた。この店を 一躍 有名店に押し上げた スペシャーレ。うずらのカチャトーラ。それが外されていた。それは いったい なぜか?新井さんがいなくなって作れなくなったから。そう考えるのが妥当でしょう。」

記者みずえ「そうよ。うずらのカチャトーラは新井さんが考えて新井さんが作ってた。でも 古賀シェフは自分が考案したと言ってたの。あなたは なぜそれを知っているんですか?店にとっては 極秘情報だ。私は この店を 何度も取り上げて人気店にしてきたの。」

聖子「それだけじゃないわよね?何のこと?新井さんと個人的な関係だったんでしょ?だから 今日 大事な取材を組んだ。新井さんに頼まれたのよね。自分がいなくちゃ この店は駄目だってことを知らしめたいって。新井さん女性の好意を利用するのが上手な人だった。あなた 彼を つなぎ留めるために言いなりだったものね。」

獅子雄「さすが 彼を引き抜こうとしただけあってよく ご存じだ。あなたは 彼をビジネスパートナーにしたかった。例えば 今はやりの出張シェフサービス。ええ。 いい条件でお迎えするつもりでした。しかし 裏切られてしまった。あなたは 今日 食事もせずにずっと いら立ってましたね?」

聖子「新井を獲得できるかどうかは事業が立ち上げられるかどうかの生命線だったんです。言われるままに支度金も用意しました。なのに 新井は別の店の引き抜き話に応じていたんです。 だから…。《新井は消しました》《必ず 他を見つけますから》でも 殺したりなんかしてません。あんなやつ 殺したくもない。」

みずえ「そんな言い方しないで!彼には 才能があったの!あんただって利用されてんじゃない! ハハハ。」

聖子「私は 純粋にビジネスがしたかっただけ。」

獅子雄「2人の思いは 表でゆっくり語り合ってください。さて 本題に移りましょう。なぜ ワイングラスを落としたのか。それは あなた方一人一人の反応を見るためです。割れたグラスを片付けるためには死体を隠した物入れを開ける必要がある。犯人なら穏やかではいられないはずだ。あなたは 動揺していましたよね?」

古賀「そこまでにしてください。私が やりました。実は新井は オープン直前に…。」

新井「俺 辞めます」

古賀「お前 今 何て言った?せめて 今日はちゃんと働いてくれないか?終わったら 話し合おう不満があるなら 何でも聞くぞ」

新井「もう 話すことはありませんゴーストには 飽き飽きです」

古賀「そのために わざと 今日取材を呼んでるってわけか?」

新井「ハハッ まあね編集者のバカ女は俺の言いなりなんだよ」

古賀「俺に復讐するのはいいしかし お客さまは料理を楽しみに来てるんだ」

新井「だったら あんたが作れば?シェフなんだから」

獅子雄「それで あなたは死んだ 新井さんを物入れに隠した。」

古賀「はい。」

西岡「殺すくらいなら どうして自分で作らなかったんですか?俺 シェフは 料理への情熱をなくしたと思ってだから 新井さんに…。」

獅子雄「あなた 新井さんに何か頼まれたんですか?」

。。。。
新井「俺だ。 裏口にいるレシピ帳を持ってこい」

西岡「えっ? そんな…」

新井「あれがきゃ古賀のやつ もう 何も作れない終わってるって思い知らせた方が 店のためだ」

西岡「いや でも…」

新井「できなきゃ分かってるよな?」

加藤「そのレシピ帳どうするつもりだ?まだ あいつに借金してるのか?」

西岡「言うことを聞かないとヤミ金で借りさせるって言うし逃げ道がないんです」

加藤「俺が 話つけてやるそいつは 戻せなっ?」

新井「さすが シェフの手下は違うね」

加藤「どの面 下げてきた!?もう 最初の客が入ってるんだぞ

獅子雄「やっと あんたが登場したか。最初に ワインを注いだとき…。《芝生のような においがする》あれはドライフラワーのにおいだ。」

加藤「私は 若いときに粋がっていてケンカで人を死なせました。働き口なんてなかった 私をシェフは雇ってくれた。」

獅子雄「だから シェフからもらったソムリエナイフを大事にしていた。」

そう、今回新井を殺害したのはソムリエの加藤。。

加藤「すいません。全て 私の一存でしたことです。連れていってください。」

江藤「そんな素直に吐くならどうして すぐに自分から出頭しなかった?」

凛子「ごめんなさい。」

若宮「なぜ 謝るんです?」

獅子雄「イヤリングをなくしたとき全て 聞いていた。そうですよね?」

凛子「電話をかけに行ったときに聞いてしまって…。」

若宮「そんな怖い思いをしたのにどうしてすぐに届けなかったんですか?」

獅子雄「最後の晩餐だったから。さっき 1つだけ皆さんに嘘をつきました。死体は 「物入れの中にある」と言いましたが正確には 「あった」今は もう ありません。確かに あんたは死体を物入れに隠した。だが その後に動かした人がいる。ご主人は 彼がワインをこぼした後に 席を立ちましたね。奥さんから 死体が物入れにあることを聞いていた あなたは死体を奥の部屋へと移動した。
工務店を経営しこの店を施工した あなたは店の構造について詳しかった。だから 物入れの奥にドアがあることを知っていた。奥さんの携帯にはたくさんの着信がありました。ほとんどが 金融関係や登録されていない番号からだった。何度も しつこく電話をかけてくる金融関係は借金の取り立てでしょう。ご主人の会社は負債を抱えていた。だから もう 何年も この店で外食をする余裕なんてなかった。そして 奥さんも精いっぱい着飾ってオパールのイヤリングを身に着けても靴までは 手が回らなかった。」

達彦「子供たちに迷惑をかけたくないので今夜の この食事が終わったら女房と 2人で死ぬつもりでした。」

凛子「商売がうまく いかなくなってからこの店は 私たちにとって心のよりどころでした。せめて もう一度 この店で食事をしたいねってぜいたくをしようって 古賀さんのお料理を食べに来たんです。」

達彦「ディナーの間だけでも見つからないようにしたいって。身勝手な理由で死者を冒涜するなんてどうかしておりました。」

古賀「いえ 全て 私の責任です。いつの間にか夢や熱意をなくしてしまい…。若い… 若い才能を利用してしまいました。」

獅子雄「違う。 違うだろ?なくしたのは夢でも熱意でもない。あんたが なくしたのは…。」

加藤「やめてください。お前も知ってたんだよな?なぜ そこまでして隠そうとする?死人が出ているのに 大事な客がデザート食べそびれているのに。」

若宮「さっき両手を見せてもらったとき右手と左手の高さが揃わなかったのは脳梗塞が原因じゃないですか?見たところ 日常生活に問題はありませんが その影響で塩分が分かりづらくなるというケースがあります。」

獅子雄「岩塩の銘柄について語ってたときも…。あんた ろれつが回ってなかった。」

加藤「シェフは 料理人としてこの店を守ろうとしてただけなんです。だから 言えなかったんです。」

江藤「分かった。 落ち着け。 なっ?後は 警察で聞こう。」

加藤「待ってください。今まで ありがとうございました。」

古賀「加藤。」

江藤「眼鏡 お前も来い。」

獅子雄「古賀さん これで いいんですか?味覚を失った かわいそうなシェフの物語として終わらせていいんですか?1つだけ ずっと引っ掛かってたことがあるんだ。なぜ あんた 最初に自分がやったと言ったんだ?加藤を かばうためか。いや その時点では 誰がやったかまだ分からなかったはずだ。まあ あんたがこのままでいいなら俺は 別に構わないが。」

古賀「気が付いてました。新井が憎かった。だから 止めなかった。加藤に 罪を犯させたのはこの私です。私の… 私のエゴです。」

獅子雄「料理は芸術だ。それは エゴによって磨かれる。」

クミコ「警察です。詳しくお話を聞きたいので署まで ご同行 願います。」

凛子「あっ ちょっと待って。シェフ 今日の料理私は 懐かしくてとても おいしかった。」

古賀「ありがとうございます。」

今回の被害者はすごい悪い奴だったんで、加害者の同情しちゃう回でした。偉そうな料理評論家、だるそうにしてる料理人を外に出した獅子雄かっこよかったです。

そしてコース料理を食べ終わったら死のうとしてた老夫婦、デザートを食べる前に獅子雄が推理しだしたのは、デザートを食べれなかったからまた食べに来いという獅子雄なりの優しさかなと解釈しました。

関連記事→FODって? 無料? プレミアムって? フジテレビ月9ドラマを見逃し配信を見るには?

 

-ライフスタイル

© 2020 ねすごしブログ Powered by AFFINGER5