ライフスタイル

お守りやおみくじの保管や処分の仕方



初詣でお守りやおみくじをひいたって方いるんじゃないですか?そんなお守りやおみくじの保管方法や返納の仕方を紹介したいと思います。

この記事みて、お守りは分かるけどおみくじも?って疑問に思った方もいると思います。おみくじってひいたら結んで帰るイメージですよね。

でも元々は持ち帰ってたんです。今でも大吉は持ち帰るとかいろいろありますが、今回は持ち帰った場合について書きます。

保管方法

おみくじも、お守りも基本的には一緒で、持ち歩く場合は財布やカバン、内ポケット、カギなどがあげられます。また、お守りの種類でも分けられれます学業や合格に関するモノだと筆箱、金運に関するモノなら財布や金庫。交通安全ならカギや車に。基本的には持ち歩きたい場合は財布やカバンの中が一般的です。

家で保管したい場合は目に着く明るい場所かつなるべく高い位置が良いです。また、神棚に納めて保管する方法もあります。

余談ですがお守りを複数持つのは神様同士が喧嘩するから良くないという方もいますが高徳である神様同士が喧嘩し、さらに利益を相殺するようなことはないといわれています。

なので複数所持していても問題ありません。

返納方法

お守りやおみくじの返納時期は願い事が叶った時や1年と言われています。

返納場所はお守りやおみくじを授与した神社やお寺に返納するのが一番とされてますが、近くの神社やお寺でも問題ないようです。

返納箱、返納場所があると思うのでそこまで持っていきます。分からなかったら社務所や寺務所に確認すると教えてくれます。

返納されたおみくじやお守りは神社やお寺で定期的にお焚き上げをしています。

また郵送でも対応してくれる神社やお寺もあるようですが神社やお寺の中には郵送での返納を受け付けていないところもあります。郵送の場合は必ず確認を!!

返納の際注意点がひとつあって、神社で授与されたお守りやおみくじは神社へ、お寺で授与されたお守りやおみくじはお寺へ返納してください。
神社は神様を、お寺は仏様をそれぞれ祀っていますので、お焚き上げする時の作法が神社は神道、お寺は仏教とそれぞれ違うため最善の方法でお焚き上げが出来なくなってしまいます。
もし間違えて返納箱に入れてしまったとしても、神社やお寺ではもちろん心を込めてお焚き上げは行っていますがやはり最善の方法での供養が一番なので、確認をしてから返納するようにしてください。

  • 神社…神宮・宮・大神宮・大社・神社・社が名称の最後に付いている
  • お寺…〇〇寺・〇〇院・〇〇不動・〇〇薬師・〇〇観音・〇〇地蔵・〇〇大師などの名称が付けられてます。

デザインがかわいいから返納したくないという場合は無理に返納する必要はないようです。

処分したいけど、どうしていいか分からない、新しいのとかえたいという人は返納をおすすめします。

 

 

 

-ライフスタイル

© 2020 ねすごしブログ Powered by AFFINGER5