ライフスタイル

七草粥とは?意味や効能について


フリーズドライ春の七草 3g×2P

今日1月7日スーパーで七草粥セットみたいなの売ってませんでした?

無知な私は何だ七草粥ってなんだ?となり調べてみました。

七草粥とは

歴史的な難しいことは置いといて(笑)ザックリ言うと。。

一般的にはお正月の最後、1月7日の朝にいただくおかゆのことを指します。七草粥の中には春の七草やお餅が煮込まれています。

1月7日は「松の内」と呼ばれる期間の最終日にあたります。「松の内」とは1月1日~1月7日をさし、この間を一般的にお正月とします。
お正月はおいしいご馳走を食べる日が続きますよね。七草粥には疲れた胃を休ませる、という目的もあったようです。

また七草には1つ1つにはとても縁起の良い意味が込められています。

七草

芹(せり):競り(せり)勝つ
薺(なずな) :なでて汚れを取り除く
御形(ごぎょう) :仏の体
繁縷(はこべら) :繁栄がはびこる
仏の座(ほとけのざ) :仏の安座
鈴菜(すずな) :神を呼ぶための鈴
清白(すずしろ) :汚れのない清白

効果

芹(せり):解熱、食欲増進、リウマチ、貧血症などに良いといわれている
薺(なずな) :胃腸を整える、目にも良いといわれている
御形(ごぎょう) :咳止め、痰を切る、利尿作用などに良いとされている
繁縷(はこべら) :切り傷、歯槽膿漏、痛み止めに良いといわれている
仏の座(ほとけのざ) :アトピー改善に良いとされている
鈴菜(すずな) :利尿、便秘、鎮静作用などに良いといわれている
清白(すずしろ) :消化促進、風邪の特効薬といわれている

七草粥の作り方


【ネコポス便対応】【フリーズドライ】春の七草3袋セット(約4人前が3回分)

ちゃんとした作り方はこちらを参考にした方がいいと思います→白ごはん.com

私も作って食べましたが、細かく切った七草を水と塩で茹で、そこに冷ご飯をぶち込んで、少し醤油を入れ出来上がりです。とてもじゃないですが皆さんの参考にはならない適当すぎる男の料理でしたがすごくおいしかったです(笑)

すごく体に良さそうで毎日食べてたら痩せるだろうなって思いながら食べました。

 

-ライフスタイル

© 2020 ねすごしブログ Powered by AFFINGER5