YouTube ジム

デブでコミュ障のジム初心者の体験談 馬鹿にされてもジムに行く編

どーもねすごしたぬきです。

今回はジムやダイエットに限らず変わろうとか頑張ろうと思った時に足を引っ張たり馬鹿にされたりとする人は必ずいます。

私もされましたし笑われてきた人生なので私の体験経験を踏まえてどう乗り越えたかを紹介します。

 

元々私は人の目を気にして生きてきたので目立たないように目立たないようにしてきました。なので少し笑われたり馬鹿にされたりしたらすごい気にして落ち込んでました。

最近の話で言うとジムに行くようになってしばらくしたら職場の人にバレ、めちゃくちゃからかわれたり、馬鹿にされました。ジム内でもデブが走ってるのは面白いのか、たまにすごい観てくる人もいます(笑)以前の私なら落ち込んで傷ついてジムをやめていたでしょう。

自分なりの対策

私の考えですがこのような人の目を気にする思考の原因は「みんなに好かれたい」「嫌われたくない」「いつも誰かと比較する」などが原因だと思い考え方を変えることから始めました。

いろんな本や動画をみて学んだことは、この思考の人は幸せになれない、一生人の目を気にして生きていくのか、比較癖は終わりのない不幸の始まり、など生きていくうえでやはり危険な考えのようでした。

まず、

人の目が気になる対策は

人は自分に関心などないと思うこと。理由としては例えば今日すれ違った人の事を全員覚えてないと思います。顔すら覚えてないのにどんな印象だったかなんて覚えてるわけがないです。

次にみんなに好かれよう、嫌われたくないなんて絶対に無理という理解。理由は自分が尊敬してる人や好きな人で自分以外に誰一人嫌いとか苦手と思ってる人はいないかと考えたら誰かしらいるなと思ったからです。

比較する癖に対する対策は

上には上がいるし比較は終わりがないという理解。例えば誰かと比較して落ち込む→何らかの形で比較対象を超えたとしましょう→また誰かと比較落ち込むの繰り返しになるのです。具体的には例えば、Aさんが月に5キロ痩せたのに私は、、、→頑張って同じくらい痩せた→あの人は痩せて恋人出来たのに私は、、→あの人は月に6キロも痩せた私より凄い、、→あの人は私より太っているのに結婚もして幸せだ

と、比較はいくらでも終わりなく続くんです。比較は過去の自分です!

行動で変わりたい

考え方は分かったけど具体的にこうすれば変わるってないの?と思った方、あります!運動です!

実は私もこれを始めて変わったことを実感しました。

家で筋トレや運動をするようになってメンタルが鍛えられストレスに強くなったと思います。

そして以前からは考えられなかったジムに行くという選択が出てきたのです。

簡単な運動からで良いと思います。私も最初は散歩とかYouTubeにある簡単な運動からでした。

みなさんに当てはまるかは分かりませんが私はこんな風にメンタルを鍛え、馬鹿にされてもジムに行き続けデブだけどドタドタ走って注目を集めてもさほど気にならなくなりました。

ダイエット中には歩くのがおすすめ??ウォーキングするべき?

まとめ

もしジムに行くの迷ってる人がいて見てくる人いるんだーと思った方安心してください!

ほとんどが自分の世界に入ってるし、若い人から年配まで細い人から太い人まで沢山います。じろじろ見てくる人はごくわずかです。

所詮その程度と相手にしないのが一番です。私自身もイヤホンしたりして自分の世界に入って気にしないようにしてますし、気にしないふりも効果的です(笑)

足を引っ張られても負けないで!そういう人は自分に何もないから頑張ったり夢を持ってる人を引きずり下ろす手段しかないのです。

私もまだまだ頑張りますがみなさんのダイエット応援してます!

ジムでの格好。ジャージ?マスク必要?デブは薄着が恥ずかしい

 

-YouTube, ジム

© 2020 ねすごしブログ Powered by AFFINGER5