ライフスタイル

シャーロック第4話/ボクシング世界王者の失踪・・・空白の15分に何が?

FODプレミアム
シャーロック過去のブログ 1話 2話 3話

第4話あらすじ→公式

ボクシングの観戦に来ていた獅子雄と若宮。その日のメインイベント二階級制覇の世界チャンピオンである梶山裕太(矢野聖人)の初防衛戦!しかしリングアナウンサーが梶山の名前を叫ぶも本人は姿を見せず、リングアナから急病による試合中止が告げられた。それに納得できない獅子雄は選手控室に殴り込みボクシングジム会長の石橋卓也(金子ノブアキ)に梶山を出せと迫る。ちょうどその時江藤(佐々木蔵之介)が現れ梶山を探してるという。どうやら1時間ほど前に近くの坂で、男性の遺体が発見されたようで現場付近で梶山の目撃情報があったらしい。重要参考人の梶山は一体どこへ?獅子雄は梶山に送られた大量のプレゼントの中で女性ものの傘に注目する。

殺された男

殺されたのは28歳男性。死因は転落による頭蓋内損傷。顔には殴られてできたと思われるたくさんの皮下出血が、殴られた後に突き落とされた。

大学2年生の時に公園のアスレチック遊具の紐を面白半分でナイフで切ったせいで何も知らず利用した客が大けがを負った。しかし殺意が立証できず執行猶予に。

傘の謎

梶山の試合前の映像を見ている獅子雄。その映像には傘が映ってないことに気づく、自分たちが控室に行ったときは確かにあったオレンジ色の女物の傘。その傘が事件の引き金になったと予想する獅子雄、根拠は女物の傘を梶山におくるなんておかしい。メッセージカードにリボンまでついているしかしその中身は空っぽだった。傘が持ち込まれたのは18時15分以降(ライブ映像に18時15分の段階で傘が置かれてなかった為)から梶山が姿を消す18時30分の間、それまで梶山は相手を倒す気気満々だった。獅子雄は傘の購入先、だれが買ったのかをレオ(ゆうたろう)にまかせることに。

アスレチックで怪我をした被害者

殺された男の幼稚な犯行で大けがをした被害者はおじいちゃんと3歳の孫、6歳の息子を連れていた30歳の母親。ほとんんどが無事だったが30歳の母親は頸椎をやられる重傷で何年も入院したあげく去年亡くなったことが判明。一緒にいた息子は母親のお母さんが引き取ってるとのこと。その息子を疑う獅子雄と犯罪心理学的にありえないという若宮。無責任な発言はしたくないかとその息子が暮らしてる家にいく若宮。

家に向かった若宮。亡くなった女性は元英語教師で息子の父親のことは自分の母親にも教えなかったそうです、そして若宮はオレンジの傘を発見する。亡くなった女性がとても大事にしてたものらしいです。

若宮の推理

亡くなった女性の父親は梶山。根拠は英語教師をやっていた頃、担任をしていたクラスの生徒に梶山がいたという、妊娠したことを誰にも言わず教師をやめたこと息子の父親のことを自分の母親にも言えなかったことに納得がいく。これで接点ができた、梶山には殺す動機がある!と獅子雄にどや顔するも

「あまいなー」と返される。「それだとこの傘がなぜ梶山に送られたのか全く分からない。俺にとって犯人が誰かより重要だ」「息子は自分の父親が梶山であると知っている。さっき会ってきた。それを確かめるためにジムに入ったんだろう」

そう息子は梶山と同じジムに通っていたんです。

結末

獅子雄は事件当日の梶山の目撃情報に疑問を持っていた、人を殺そうとしてるのに有名人の梶山が目撃されるようなとこ行くだろうか、殺すのではなく誰かを守ろうとしてたのでは?

そんな時、レオから傘の購入者情報が。。

そしてボクシングジム会長の石橋会長の元にあるメッセージカードが、獅子雄もちょうどその時やってきて、そのメッセージカードを見せてもらうことに。梶山からだというその内容は「迷惑かけてすまない、死んでお詫びする」警察には僕から連絡しましたと僕たちも行きましょうと二人で移動することに

二人が向かったのは試合が行われたボクシング会場、そこで知ってることをすべて話すと石橋会長が話し出す

石橋「亡くなった女性は私の大学からの友人でした、15年前彼女から相談があって担任している生徒にどうしよもないワルがいる、複雑な家庭だが運動神経は抜群でボクシングが好きだから面倒見てやってくれないかって、打たせてみたら天性のものがあったそれで預かってみたらメキメキと頭角を現わした。でも1年がたったころ彼女から梶山君の子を妊娠したと報告があった、私は黙っていなくなると言って姿を消した、梶山にはその怒りを試合にぶつけろと言ったあいつは取りつかれように打ち込んで上り詰めた。でも去年突然息子がうちのジムに来たんだ、梶山が父親だと気づいたのかもしれないと思ったそれで探ってるうちに彼女が死んだことを知った。隠しきれなくてそれを梶山本人言った。それであいつ復讐を考えたんだと思う」

とそこに梶山本人が登場

獅子雄「ああ言うの忘れてた梶山さんご無事でした!これを書いたのは俺だ!(梶山からのメッセージカードと思っていたもの)」

石橋「だましたのか」

獅子雄「あの日アンタがやったことをそっくりそのまま真似しただけだよ。傘に添えられたメッセージ”僕は今日母の恨みを晴らしますボクシングか母かどちらを選びますか?19時男坂”これキミが書いたんじゃないよな?」

息子も登場

獅子雄「傘を置いたのはアンタだ。梶山さんはこれが息子によって書かれたと信じただから試合を放棄して飛んで行った、息子を止めるために。しかし現場に着いたらすでに死んでいた。会長さん殺したのはアンタだ、あの日あんたの拳は真っ赤に腫れあがっていた。しかし殺しきれず階段から突き落とした。もし世界チャンピオンの梶山さんが犯人なら一発で仕留めていただろう」

観念した石橋。密かの思っていた彼女を梶山にとられ、最初は自分が教える立場だったのに追い越され嫉妬していた、頂点から地獄へ叩き落したかった

石橋「すべてを失ってでもお前を破滅させたかった、この15年お前がまぶしくてまぶしくて嫌いだったあああ誰よりも誰よりも憎かったんだよおおおおお!」

泣き崩れる石橋会長

嫉妬から生まれた事件。嫉妬妬み、こういった感情は普段かくしてるからわかんないですよね、だれがだれに嫉妬してるのか。人間らしいちゃあらしいですが嫉妬の人生より嫉妬される人生のが僕は幸せかな。梶山も息子も一からまたスタートでも生き生きしてて良かった。試合よりも息子のために試合を捨てた父親!嬉しいですよね

関連記事→FODって? 無料? プレミアムって? フジテレビ月9ドラマを見逃し配信を見るには?

-ライフスタイル

© 2020 ねすごしブログ Powered by AFFINGER5