ライフスタイル

シャーロック 第5話 死体が歩く夜・・・真相は、愛か狂気か

FODプレミアム
シャーロック過去のブログ 1話 2話 3話 4話

今回のあらすじ→ 公式

ものすごいパワハラを受けていた乾貴之(葉山奨之)がある日、消息を絶つ。一方パワハラをしていた町田卓夫(永井大)宅でホラー映画のような血だらけのベット、浴室を恋人が発見し通報。その血を調べたところ貴之のものであると判明。しかしその血の量は明らかに致死量だが、死体を運んだ形跡も死体をバラバラにした形跡もなくただ大量の血だけが町田宅に残されていた。貴之は生きているのか死んでいるのか。死体が歩いたのか?「死体は誇り高い!生きている人間みたいにウロチョロしない!」と獅子雄はこの謎を追うことに。

町田卓夫

事情聴取されるがとにかく偉そう、典型的なパワハラタイプといった感じ。親は元国交大臣、証拠がないなら息子を解放しろといってきた絵にかいたような権力を振りかざす親子。

獅子雄達が町田の話を聞くために自宅へ向かう。「あなたの無実を証明するために来た」といわれ親父が送ってきた味方だと思い込み素直に話す町田。

獅子雄「発見された血液は乾貴之さんのものだと判明されました、あなたはその時どこに?」

町田「ちょっと出かけてただけ、だけど?」

獅子雄「乾さんとはどういう関係だったんですか?」

町田「俺は営業部であいつは設計部同じプロジェクトやったことあるけどただそれだけだよ、まぁ状況的に俺を疑うのは分かるけどホント関係ないんだよー。やっぱ誰かに見られたのかな?なんかつけられてる気がしてたから。」

獅子雄「採取された血液は致死量でしたこの状況を見る限り間違いなく乾さんは死んでいます。しかしその遺体は見つかっていない。あなた本当に何も心当たりないですか?」

町田「ないよ、そんなもん、俺はアイツが生きようが死のうがどうでもいいの、とにかく俺の無実を証明してくれよ身に覚えのない罪きせられて大いに迷惑してんだから」

獅子雄「だったら知ってること全部話してもらわないと?乾さんの話するときあなたずいぶんスマホを気にしてるそれは一体なぜか?みせて?」

そこには乾からメッセージが、、「町田主任、あなたをパワハラで訴えます異論があれば今すぐ会社まで来てください。」

町田「あいつの誤解だよ!俺はかわいがってたの!」

町田ははめられたのかもしれない。もし、はめたのが乾貴之だと彼は生きている。致死量の血だが何回かに分けて血を抜いて溜めたものをバラまいたのかもしれない。と獅子雄が推測。

町田のパワハラを確認するために会社で聞きこむが全員口を揃えて「パワハラなんてなかった」全員嘘だなと会社を後にする獅子雄・若宮だったが設計部の清水という男から呼び止められる

清水「パワハラがひどくて乾が辞めるのは時間の問題だと思っていました。ただ偉そうにするんならよくあるんだけど、期待してるって持ち上げて仕事を任せてなのに必要な助け舟を出さない。それで失敗したらしかりつけるやられた方はたまったもんじゃない」と唯一のパワハラ情報を手に入れる

そして、町田が彼女と夕食中に音声データが送られてくる。中身はパワハラの証拠になる音声が!しかも乾から!おそらく場所と時間を指定されたのか夜道でバットを持った男に滅多打ちにされる。父親からは息子を襲った犯人を捕まえろと言ってきたようだが、獅子雄はもう犯人は分かってると断言。

乾貴之の家族

母親が告白したためパワハラのことが世間にバレ大騒ぎに。獅子雄たちも行って母親に会うことに。母親は違和感があるほど息子への愛情がすごく、父親の方は家にあまり帰ってこず女性のところに泊まってると話す母親。獅子雄は時期の早いクリスマスツリーに違和感を感じる。若宮は母親の腕に包帯がまかれているのをみて看護師だったんじゃないかと予想し、調べた結果優秀なオペナースだったことが判明。また父親の方はレオにつけさせ母親が言っていた不倫相手の家を断定し確認しに行く獅子雄。

パワハラを告発した清水

町田を襲ったのは、清水。どうやら、乾からメッセージが来たという「明日マスコミにこの音声を送る、あんたも町田には恨みあるよね?町田を襲えばあんたの音声は消してやる」乾の前は清水がパワハラを受けておりターゲットが乾になったら一緒になって罵倒していた。

清水「乾は生きている町田さんだけじゃなく、俺たち全員に復讐しようとしているんだ」と怯えていた。

真相

獅子雄と江藤(佐々木蔵之介)は乾貴之の家に行き。母親に真相を語る。息子さんの居場所が分かりました。残念ながら死んでいます。

いるんですよね?クリスマスツリーの横の扉に。貴之君を入れるためにクリスマスツリーが邪魔だっただから、こんな時期にクリスマスツリーを飾っていた。

獅子雄「水槽のポンプを使って息子の血を抜いたんだ。」

母親「やめてそんな恐ろしいこと」

獅子雄「あああ恐ろしいとても恐ろしいだが、あんたはそれができた、あんたが何をしたか具体的に話そう。もし間違っていたら途中止めてもらってもかまわない。まず、貴之くんの死因彼は2階の自分の部屋で自殺した、首をつって。それを発見したあんたは大いに悲しんだ。だがただ悲しむだけでは終わらなかった、オペナースの経験をいかし息子の蘇生を試みたその手首の湿はよほど真剣に心臓マッサージをしたんだろ。だが息子が蘇ることはなかった、あんたはそのとき泣いていたかもしれないとにかく冷静でいることはできなかったはずだ、だが!息子の死だけは、はっきりと確認した。そして貴之君の復讐を誓った。貴之君はパワハラの被害者だった、会社の多くの人間がそれを知っていた、だが誰も告発できなかった、だからあんたは自らの力で町田を告発しようとした。その道具として息子の遺体を利用するというとてつもない方法で」

母親「かえって!!」

獅子雄「ごみ置き場にはドライアイスの箱があった。なぜあんなにも大量のドライアイスが必要なのか。あんたはエンバーミングの知識すなわち死体保存法を知っていた。貴之君の血液を抜いたのもそのためだ。で、その血液を町田の部屋にぶちまけた。町田は誰かにつけられてると言っていたがそれはあんただったんだよ、だがあんたは失敗した、寝室からバスルームに死体を動かそうとする場合普通血液が飛び散るはずだ、だが町田の部屋の床や壁には血痕が全くなかった。それは血液だけを動かしたことを意味する。この世に完全犯罪はない。限りなく完全に近づけたとしてもほかの人間に罪をかぶせることはできないんだよ」

母親「貴之が自殺?あれは殺人でしょ!!!!!!殺人を犯したら裁かれないといけないのよ馬鹿でもわかる理屈よ!誰も罰してくれない警察も相手にしてくれない。だったら母親の私が裁くしかないでしょ?あの子は私を選んで生まれた子なのよ誰よりも大事な存在なの。あの子がいてくれたから主人とのことも辛くなかったわ。、、、、おかしい?私がいってること」

獅子雄「いいや、だがすべては見えていない。昨日ご主人のとこに行ってきた愛人なんていなかったよ、コンビニで買った弁当を一人で寂しそうに食べていた。これご主人から見せてもらった。”ごめん、僕、もう無理、お母さんと仲良くして”この貴之君の最後の言葉、お母さん解放してくれって俺にはそう読める。」

母親の愛情とパワハラに押しつぶされた被害者。父親もそんな妻に目を背けたくて1人になれる部屋を借りていた。別行動してた若宮は町田に対して「乾貴之さんを殺したのはアンタだ」って言ってくれたのは少し救われましたが。結局また、ああいう無能の権力者が世にはびこる、、、なんだかなーって感じですね。辛くて仕事行きたくない人はすぐにやめよう!といいたい。

関連記事→FODって? 無料? プレミアムって? フジテレビ月9ドラマを見逃し配信を見るには?

-ライフスタイル

© 2020 ねすごしブログ Powered by AFFINGER5