ダイエット 筋トレ

アミノ酸スコアって何?アミノ酸スコア100って?

人のカラダの2割はアミノ酸

私たちのカラダは約60%が水分で、約20%がたんぱく質でできています。おもに筋肉や消化管、内臓、血中のヘモグロビン、髪や皮膚のコラーゲンなど、カラダの重要な組織をつくっています。このたんぱく質を構成している成分がアミノ酸です。

 

アミノ酸スコアとは

私たちの身体の元となるタンパク質。このタンパク質はアミノ酸という成分で構成されています。アミノ酸スコアは、食べ物に含まれる「タンパク質」の量と「必須アミノ酸」がバランス良く含まれているかを数字で表した指標です。タンパク質を構成するのは20種類です。これらが様々に組み合わせを作り、種々のタンパク質が作り出されているのです。
このようにアミノ酸はタンパク質の元となる大切な成分で、身体の発育や健康維持に不可欠でありながら、体内では合成出来ないアミノ酸が8種類(幼児は9種類)もあるのです。これらは食べ物から摂取するほかなく「必須アミノ酸」と呼ばれています。栄養に関する事柄で、よく「良質なタンパク質」などと言いますが、これは必須アミノ酸がバランスよく含まれているタンパク質のことをいいます。
アミノ酸スコアは100に近いほど良質なタンパク質食品ということになります。アミノ酸スコアの高い食品は大豆、鶏肉、鯵、鶏卵、豚肉、鮭、牛乳、牛肉で、いずれもスコアは100です。

カラダを形つくるアミノ酸20種類

バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、グルタミン、リシン(リジン)、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、トレオニン(スレオニン)、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、アスパラギン、グリシン、セリン

必須アミノ酸

20種類のアミノ酸のうち、人や動物が体内で作ることのできない9種類を必須アミノ酸、体内で糖質や脂質から作り出すことのできる11種類を非必須アミノ酸と呼んでいます。
必須アミノ酸はイソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、非必須アミノ酸はチロシン、システイン、アスパラギン酸、アスパラギン、セリン、グルタミン酸、グルタミン、プロリン、グリシン、アラニン、アルギニンとなります。
必須アミノ酸はたんぱく質として食事から摂らなければなりませんが、通常の食事をしていれば不足することはありません。

まとめ

アミノ酸とはタンパク質を構成する成分。

この体を作るアミノ酸は20種類存在し、9種類を必須アミノ酸、体内で糖質や脂質から作り出すことのできる11種類を非必須アミノ酸

必須アミノ酸は食事でしかとることができない。

アミノ酸スコアとはそんな必須アミノ酸がバランスよく含まれてるかを数字で表した指標でアミノ酸スコアは100に近いほど良質なタンパク質食品ということになります。

スコア100の食品は、主に肉類や魚介類と言った「動物性タンパク質」に多く含まれています。またプロテインなどにも記載されてることがあります。

-ダイエット, 筋トレ

© 2020 ねすごしブログ Powered by AFFINGER5